スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    ブログ村あいこん
    にほんブログ村
    にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ
    にほんブログ村
    • 2018.01.29 Monday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    12月11日こげちゃとコーン

    0
      ペット達に生のとうもろこしを与えようと思い、4等分してあるものを買ってきた。モル達に1個。こげちゃに1個。モル達は喜んでとうもろこしを平らげたが、こげちゃときたら見慣れぬ代物に手をつけようとしない。でも実をほぐしてあげると食べるんです。一体なんのさ〜〜〜。飼育書に「とうもろこしは歯に良い」とあったから態々生のを買ってあげたのに。ちなみに小動物用の乾燥とうもろこし1本は食べます。何なのでしょうね^^;えり好みの激しい子。
      までもとうもろこしの先の方だけを少しほぐし食べやすいように(?)しておいたら数日後には全て毟られていた。ヤレヤレ。手のかかる息子である。

      ブログ村あいこん
      にほんブログ村
      にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ
      にほんブログ村

      12月10日 ウサギの衝動買い

      0
        仕事の帰り道、たまたま出店をしていたお姉さん。色々な種類の木彫りに名前などを焼き入れてくれるんです。思わずこげちゃ君と春奈ちゃんにプレゼントを衝動買い。春奈ちゃんは白兎だけれど鼻の周りが泥棒風に黒い。こげちゃはこげ茶色の顔に黒い面をかぶっている。面といえば春奈ちゃんは覆面を被った競走馬にも見えなくない・・・。泥棒風と例えたのは彼女の飼い主である。ハンドメイドなのでウサギの顔も微妙に違うのだ。こげちゃよ、どこにはっつけようか?
        良い年した大人がウサギのプレートに名前を入れるにはそれなりの言い訳を店員に伝えたかった^^;。
        「うちのウサギの名前なのよぉ〜」
        ましてや意味不明の名前を焼く羽目になるお姉さんに解説。何語なの?と聞いてきたので日本語と答えた。こげちゃの名前は獣医や受付のお姉さんにも「くすっ」と笑われる。日本の人にも「くすっ」と笑われる。どっちにしても笑われる名前。本人は真剣なので名前を呼ばれると気まぐれに反応する。
        そうなんだよぉ〜お前はこげちゃなんだよぉ〜。
        こげぇ〜〜
        こげっち

        10年付き合うウサギの名前は真剣に選ばないとね^^;。ちょっと失敗したかな?腕白なあいつには似合っているよな^^;。

        ブログ村あいこん
        にほんブログ村
        にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ
        にほんブログ村

        12月5日 ウサギのキャリー

        0
          今までシンプルで小動物用ミディアムサイズのキャリーを使っていた。シリアン ハムスターのレオン用に買ったのだがドワーフウサギやモルモットにも使えるサイズ。でもそろそろ飛行機にも乗れるキャリーが必要だと思い思い切って小犬猫用のキャリーを買った。そのうちモルモットにも必要だと思うけれど、今のところは小動物キャリーで充分だ。

          さてキャリーをこげちゃに紹介してみたら、当然かなりドキドキしながら調査を始めた。モルモットが餌を齧る音にさえ反応し、ドキン!ドキン!とビクビクしている。じれったく思った飼い主はこげちゃの好きな乾燥パパイヤをキャリーの奥に放り込み様子を見るとドキドキしながらも入っていった。こうやってキャリーの存在に慣れてくれれば、引越しの時のストレスも多少減るかも知れない。日本へ飛ぶ場合は飛行時間11~13時間。飛行場までの時間や飛行場からの時間、待ち時間などを考えるととてつもなく長期な旅になってしまう。EU諸国内だとしてもロンドンからの飛行時間は1時間+だし、飛行場から目的地など待ち時間を考えると合計5時間ぐらいはかかるので、ウサギにとってもかなりのストレスでしょうね。モルモットの場合は1つのキャリーに2匹入れられると助かるのだけれど・・・問い合わせてみないといけない。ペットを連れての引越しはスーツケースなど持ち歩けない状態になり、リュックとペットキャリーのみでの移動になりかねないので不便だわぁ〜。
          なぁ〜んて思いながら決まってもいない引越しの準備をするC’est la vieでした^^;。動物を飼うと旅行に行くのも一仕事、引越しするのも大仕事ですね出費もかさむし。イギリスのウサギ飼育は年に2~3回の予防接種もあるので、獣医費用もかかります。更に寿命が7~10年と言うのだから稼がないと^^;。

          ブログ村あいこん
          にほんブログ村
          にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ
          にほんブログ村

          12月1日 おてがみ

          0
            こげちゃ君に手紙が届いた。健康診断とMyxomatosisの予防接種の時期ですよとの報告だ。アルファベットで“Kogecha”とあって何だか奇妙な名前だ。ローマ字の似合わない名前だなぁ。でも何だか自分のウサギに手紙が来るって何だか嬉しいものですね。へへへへへ。飼い主の名前のスペルが間違っているところが微妙だ。
            こげちゃ君との交流は毎朝毎晩の放牧でしている。朝は20~30分程度で私はひたすら準備に忙しいので、彼はトイレを済まし一走りしてケージに戻ってご飯を食べる場合が多い。たまに私が床に座ってお茶を飲んだりニュースを見る時間があると傍に寄ってくる。夕方の放牧は帰宅してから寝るまでです。大抵5時前には帰宅するので結構長い放牧だと思う。たまに買い物とかすると当然帰宅が遅くなるけれど、今のところ午前様の帰宅や夜10時頃の帰宅はない。土日も結構家に居るので略一日中放牧状態です。
            ま、飼い主の家に居る時間が長いから可能な訳で、当然飼い主はヒッキー状態^^;。大学を卒業して以来勿論家に居る時間も長く感じる。学生時代は何だかんだとレポートや試験勉強に追われて、一日中本やPCに向かう事も多く、遊びたくても遊べない状態だった。今は遊びたければ充分遊べるのだが、どうも億劫です。

            こげちゃを久々に撮影してみた。「こげちゃ」と呼ぶと来るんです。
            Q
            ブログ村あいこん
            にほんブログ村
            にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ
            にほんブログ村

            11月25日 その昔・・

            0
              両親と話をしていた。里帰りする時にはウサギもモルモットも連れて行くよと話しているのですが、拒否されるのです。

              理由其の一 臭い
              言い訳 臭くないよぉ、昔飼っていたラビだって臭くなかったジャン。
              親「ラビが臭くなかったの?」
              私「うん」
              親「じゃ、臭いから駄目」
              好きな人間には分からないペットの臭い。現在のペット5匹もしっかりケージの掃除をしているし、窓だって開けて換気しているから臭いと思わない。でもペットを飼っていない人間には臭いんですね。動物そのものの臭いはしなくても、床材のチップの臭いがすると言うんです。要するに木の臭い。ペットショップの臭いと言われた時にはガックリきました。勿論ショップほどは匂わないと言うのですが。

              理由其の二 場所がない
              言い訳 たった95cmのケージと75cmのケージだよぉ(実は140cmのケージを買って帰ろうと計画していた)
              親「そんな大きい物を置く場所はありません!」
              今の家では95cmのケージも部屋が大きいので全く大きく感じません。でも親がいかに家が狭いかをクドクドと説明するので、日本の家はこちらの物置の大きさかと少々怖気づいているC’est la vie。さすがに140cmのケージは諦めました。

              まぁひたすら拒否されてはいるものの、強引に連れて帰るつもりです。外で飼うなら良いでしょうと言っているので、外に小屋でも作るかな?

              ペットの昔話は更に続いた・・・。
              親「ウサギは噛むのか?」
              私「噛まないよ〜、ラビだって噛まなかったじゃん。」
              親「沢山噛まれたよ〜何言ってるんだ?」
              ラビが噛むのは人間が床に寄りかかって座っていると「通して」と軽く噛んで背中と壁の間を通り抜けるのが好きなウサギだったからで、それ以外で噛まれた記憶は全くない。なのに親は沢山噛まれたと言う。記憶とはアヤフヤナものだ。

              親「ハムスターも噛むだろ?」
              私「噛まないよぉ」
              親「おれ、いっぱい噛まれたよ、お前のハムスターに」
              私「うそだ〜」
              そもそも親がそんなに沢山噛まれるほどハムスターに構っていただろうかというところが先ず疑問だ。全く親の昔話ほど当てにならないものはない。

              ブログ村あいこん
              にほんブログ村
              にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ
              にほんブログ村

              << | 2/3PAGES | >>

              PR

              calendar

              S M T W T F S
                12345
              6789101112
              13141516171819
              20212223242526
              2728293031  
              << October 2019 >>

              いらっしゃいませ♪

              アクセスカウンター

              黒猫に参加中です

              ドワーフに参加中

              selected entries

              categories

              archives

              recent comment

              links

              profile

              search this site.

              others

              mobile

              qrcode

              powered

              無料ブログ作成サービス JUGEM