スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    ブログ村あいこん
    にほんブログ村
    にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ
    にほんブログ村
    • 2018.01.29 Monday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    チャリティー

    0
      イギリスには沢山のチャリティーショップやチャリティー団体がある。
      医療関連、子供関連、貧困関連、動物関連、環境関連などチャリティーのない分野などあるのだろうか?とふと思うほどだ。
      チャリティーだから当然企業や、個人や政府の援助、ボランティアや募金などに頼った運営をしている。ロンドンマラソンとかにチャリティー活動で走る人も多いですねぇ。

      以前ハムステッドヒースの近所に住んでいたので、そこで活動している Heath Hands というボランティア活動に参加していた。主にハムステッドヒースの掃除、植林、保護活動をしていたんですね。毎週末に活動していたのですが、泥んこになったり、ラズベリーのトゲトゲに刺されたり、鳥の巣を作ったり、木を切ったり、枝を拾ったり、ファーストエイドなんかの講習もあった。年末パーティーなんかもあったりして実に楽しかった。今は引っ越してしまったのでやっていないけれど、あの周辺に住む機会があったらまた参加したい。

      現在はボランティア活動はしていないけれど、お気に入りのチャリティーショップに足を運ぶようになった。
      PDSA2007年で運営90周年を迎えるというのだから古い団体ですね。獣医費用をまかなえない飼い主の下、怪我や病気を患っているペットを助けている。勿論プロの獣医がいるんですよ。
      募金や色々な分野でのボランティア活動が可能です。他にもいたるところにチャリティーショップを設けているので、そこで買い物をすれば売り上げが団体の活動費にまわる(店員はボランティア)し、店に物資そのものを寄付する事も出来る。

      何故いきなりチャリティーショップの話をするかと言うと、実はこのクリスマス休み中に我が家の不用品をチャリティーショップに寄付したから。で、その不用品とはハムスター飼育で使わなくなった小物やケージ。ゴミ箱に捨てるのは勿体無い。置いて置いても使わないし場所を取る。ネットで売る事も可能だけれど面倒くさいし、取引する場所への時間や交通費を考えると利益は大してない。そもそも売れるかどうかも分からない。以前別のハムスターケージをネットで売ろうと宣伝したが、誰も買わなかった。徒歩10分のチャリティーショップに持って行けば自分の部屋も広くなり、お店の人も喜び、ハムスター用品を探している人にとってはラッキーな買い物。セカンドハンドショップ的な感じ。
      結構お宅にもありません?不用品。まだまだ使えるのに捨てるのは勿体無い。売るにしても厄介だしって言う物。
      勿論チャリティーショップはゴミ箱ではないので、何でもかんでも寄付する訳にはいきませんけど・・・。

      時間があったらウサギ保護団体なんかでもボランティア活動したいと思っているんですが・・・中々時間がない。動物愛護団体の中にはフォスター制度と言うのもあって、保護したけれど例えば妊娠中とか授乳中の動物を一時期一般家庭で静かに見守ってあげたい、年を取っていて貰い手がいないので、余生をフォスターの家庭で送らせてあげたい、人間不信なところがあるので、フォスターの家族で愛情を注ぎ人間不信を直してあげたいなど意図は色々あって、フォスターは一時的にその保護された動物を飼育するのです。自宅に余裕があったらしたいなぁ〜と思うけど、残念ながら無理。
      他には団体が出版している定期購読の雑誌を買ったりして資金援助が出来るんですよぉ。実はRWA Rabbit Welfare Association(ウサギ福祉協会)のRabbiting onという雑誌が実に興味深い。ウサギ飼育、獣医、病気などのウサギに関する知識満載なんですね。
      勿論野生飼育下問わず動物全般の保護を活発に行っているRSPCAにも関心がある。
      迷う・・・・。
      ブログ村あいこん
      にほんブログ村
      にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ
      にほんブログ村

      9月22日 チモシーを求め・・・

      0
        とうとうチモシーがなくなってしまった。こげちゃだけの時はそんなに減らなかったのに、ティガが大好きなので減りがとても早いです。しかも近所のショップには置いていないので、獣医か田舎のショップまで足を運ばないとな・・・。何かと不便なペット事情。そして面倒だな・・・。
        折角だから田舎のショップに足を運んでサークルでも見てこようかなと思っている。リードのウサギは良いとして、モルモットの運動量が気になるこの頃。何しろ狭いケージ内を飛び跳ねたりしているから・・・。

        現在イギリスの動物愛護団体RSPCAの活動内容が毎日30分TVで放映されている。隊員になるには随分厳しい訓練を受けている状況や、現場状況など警察やら消防隊員などの協力を得たりと忙しそうだ。
        「近所の犬の飼い主が犬を蹴飛ばしている」という通報が入れば即効出動し、飼い主に注意を促したり、警告し数ヶ月後改善されなければ告発されるらしい。他にも野生の動物を救助したりなど大変だ。
        (9月22日記事)
        ブログ村あいこん
        にほんブログ村
        にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ
        にほんブログ村

        ウサギの本

        0
          「しろ」のきもちの「しろ」の人間のお父さん経由で知ったこの本。実は先日買っちゃいました!!!35周年記念とか何とかで、この前本屋でハードカバーを見つけ何気に気になっていたのです。大学の学術書地獄からも解放されて、活字離れしていたので久々に本でも読もう。

          で、ウサギのお話ですがまだ読み出したばかりなので、じっくり楽しんで行こうと思う。こげちゃの気持ちが少しは分かるようになるのだろうか?
          The Horse Whispererという本と映画がありましたね、映画も本も読みましたが中々でした。The Dog Whispererと言うのも出ていますね。The Rabbit Whispererと言う本も実は発見しました! Hamster whispererと言うのもどうでしょう?Guinea pig whispererも期待しています。
          ブログ村あいこん
          にほんブログ村
          にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ
          にほんブログ村

          ペットショップ in ロンドン

          0
            ロンドン市内及び近郊でペットショップなる所をいくつか知っている。

            Hendonのペット@ホーム:かなり大きく、ウサギ、モルモット、ハムスター、砂ネズミ、デグー、チンチラ、魚が常にいる。グッズも小動物のみならず、犬猫、魚、鳥類、は虫類と充実しています。

            Harrodsのショップ:犬、猫、ウサギ、モルモット、ハムスターを見た事があります。犬のグッズはかなり充実しているけれど、小動物用も大体あります。乗馬用品を売っている階もありますね。

            Finchley Centralのダンロップ:ウサギ、モルモット、ハムスター、鳥、魚がいます。グッズも大体そろっている。

            Finchleyのカレッジファーム:生体はいません。ペットのみならず乗馬用品も充実しています。犬のグルーミングもしてくれます。クリスマスシーズンには生のツリーも売られている。

            Harrowのショップ:爬虫類、魚類、小動物、鳥類が常におり、猫がたまにいる。ペット一般の餌や物が入手可。

            Kilburnのショップ:生体は魚類のみ。ペット一般の餌や物はある。

            St John’s Woodのショップ:生体はいない。ペット一般の餌や物はある。

            High Street Kensingtonのショップ:魚類、鳥類、小動物が常にいる。ペット一般の餌や物はある。

            ロンドン南部のショップ:魚類、爬虫類がいる。ペット一般の餌や物はある。
            Surryのショップ:生体はいない。ペット一般と乗馬用品の品揃えが良い。ペット飼育教育もしてくれる。

            オンラインショッピングは結構沢山あるのですがね。2007年にこの記事を書いていた時はヘンドンに大きなペットショップはなかった。2011年の今ネット以外でも結構物が揃えやすくなりました。
            生体はペットショップでなくても、救助センターから引き取ったり、ブリーダーから直接迎える事も可能です。ペットショップよりもしっかりとした知識や情報などを教えてもらえるで良いかと思います。(August 2011)

            *******************2007年8月の記事***********************
            問題は必要な物が1箇所で揃わないこと。当然物に拘らなければ揃うのだけれど、例えばドワーフウサギの獣医推薦の餌は、地元のショップにはない。トイレ材も今のところお気に入りは地元にはない。でも藁や牧草はある。がチモシーはない。今のところ全てが揃うのは電車賃を1200円出して電車で1時間行った所のSurryの店のみで中々不便です。犬猫の物はそれこそ何処でも品揃え豊富で揃うんでしょうね。問題はウサギ。そしてケージ自体も中々難しい。あくまでも物を選ばなければ揃うんですよぉ。
            生体に関しては犬を店で売っている所は見たことないし、猫だって地元でしかお目にかからない。小動物とは言え見かけるのは主に、ハムスター、砂ネズミ、ネズミでモルモットやウサギと言った大きめな小動物は居ても数がとても少ない。ペットの居ないペットショップと言っても過言ではないと思う。これはやはり動物愛護の精神なんだろうか?ストレスになるショーウィンドーにペットを置かない。そして衝動買いを防ぐためにも、視覚でマーケティングを行わないってやつだろうか?こげちゃだってウィンドーには居なくって、店の奥に居たんです^^;。「ネザーランドいますか?」って聞かなければ彼に会うことはなかっただろう。聞いて良かった・・・。皆さんブリーダーから直接買うのでしょうね。あとは救助センターから貰い受けるか。
            ハムスターやらネズミ系を買うのはいとも簡単。少なくともウィンドーに居るので・・・それにケージだって取りあえずその場で揃う。あとは田舎にあるショップが通信販売を行っているので、それに頼っているのかなぁ〜。うちもハムスターケージを買う時に通販したけれど、個人的には好きじゃないし、不良品とかの返品の送料だって自己負担だ。ケージに梯子が付いていなかったとクレームしても、音沙汰ないしね・・。やれやれ。

            ああぁ、それから書籍店でペットの飼育書だって探すのは大変ですよ。犬、猫、金魚、野鳥、虫なんかの本は何処でも見かける。犬に至っては犬種名で探せる。ハムスターもあるほうかな?ところがウサギ、モルモットとなると・・・これがないんですねぇ〜。雑誌も同じ。犬や猫の雑誌はある。そして地元に至っては馬のは3種類もある。ところが小動物の雑誌なんてない!存在はしているらしいんです。でも店頭にはないし今だ見たことがない!う〜む。日本だったら小動物の雑誌や飼育書だけでも選択に困るほどありそうなのにね。こちらは注文しかないな・・・。

            友人に「あなた、お金かけるところ間違っているよ」と言われました。そう、普通ならファッション、外飲食にお金をかけるだろう。私はペットにお金をかけている・・・。物はね、増えると困るんですよ・・・とペットが増えて物が増えていたりもする^^;。ペットを買ってケージを含め家具も増えたからな・・・。でも、良いもんですよね、ペットが居るって。掃除さえ豆にすれば、室内で飼っても臭いはない。逆に毛を取るために頻繁に掃除機かけるから清潔ですよね。ローラーもかけてるし・・・。ウサギの毛は軽すぎる。
            (2007年8月27日記事)
            ブログ村あいこん
            にほんブログ村
            にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ
            にほんブログ村

            買い物

            0
              今年の2月から「お金を掛けるところ間違えている」と友達に指摘されてきたC’est la vie。ハムスターケージは合計4つ購入し、キャリーを一つ。ウサギケージを一つ。餌代や床材、牧草代などを始め、おやつや小物や飼育書なども色々買ってきた。所謂無駄遣いですね。何故か一番小さなハムスターが一番出費が多かったですよ。ウサギやモルモットはハムスターみたいに物要りじゃないですね^^;。こげちゃなんてフルセットのケージを与えたら後はトイレと餌と床材と掃除用具のみです。モルモットも同様。ところがハムスターは付属の車輪だとうるさいので、日本から車輪を輸入。トイレ、隠れ家、おもちゃなど何だか色々買った記憶がある。納屋に眠っている小物も幾つかあるので、無駄遣いが一番多かったペットですね。

              さてさて、「ペットにお金をかけないで、自分にかけなさい」という友人達のアドバイスを無視して次なる買い物のリストを作っているC’est la vieです。
              春奈、春美、ハリーの飼い主ベルダンディさんもハムスターやウサギを買ってからと言うもの何かと買い物をしていらっしゃる。彼女の場合電化製品にまで至っているから凄い^^;。
              C’est la vieのWish list
              ウサギとモルモット用のサークル
              ラビット140ケージ(横幅140cm)
              ケージはあくまでも「いつか欲しいなぁ」って段階で今絶対必要な品物ではない。いつか自分が安定した住処を得たら、こげちゃをラビット140に入れて、ティガとロゼッタをラビット100(今のこげちゃのケージ)に入れたらゆったりした住居が出来るなぁ〜。ただモルモット達はケージ内で急発進して暴れるので金網ケージだと床材のチップが散らばる気がする。まぁ、別に今のケージのままでもOKなのだろうけど。欲張らない方が良いのかな?ペットにとっては広いに越したことはないので、購入しても良いかな?
              ブログ村あいこん
              にほんブログ村
              にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ
              にほんブログ村

              << | 2/6PAGES | >>

              PR

              calendar

              S M T W T F S
                12345
              6789101112
              13141516171819
              20212223242526
              2728293031  
              << October 2019 >>

              いらっしゃいませ♪

              アクセスカウンター

              黒猫に参加中です

              ドワーフに参加中

              selected entries

              categories

              archives

              recent comment

              links

              profile

              search this site.

              others

              mobile

              qrcode

              powered

              無料ブログ作成サービス JUGEM