スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    ブログ村あいこん
    にほんブログ村
    にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ
    にほんブログ村
    • 2017.06.08 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    犬猫レスキューセンター2

    0
      猫の建物にも足を運んでみた。
      猫の方は魚(?)味の餌の臭いが強かった。
      猫の部屋は犬と違って全面ガラス張りで縦に長い。そして猫が3次元で動けるように家具が設置してある。寝床はちょうど中間位の高さにあってカーテンが引かれているのでほぼ見えない。爪研ぎや玩具類が床にあり、階段の様な段がいくつかあって上に登って行ける。猫の習性を知ってるレイアウト。
      こちらも染み一つないってぐらい奇麗にしてある。私達が見学している間もボランティアさんがせっせとお掃除していた。勿論スタッフの数も年齢性別問わず多い。
      猫の姿は殆ど見えませんでしたが、犬同様、里子を申し出ているカップルとかの姿を見かけた。

      最後にカフェとショップによってみた。
      残念ながらカフェは10分前に閉鎖済み。ショップはまだ犬を持っていない我々には買えるものはなかったけれど、プードルを飼ったら是非ともココでグッズを揃えたいと思う。
      ウサギが使えそうなものはなかったわ(笑)
      ブログ村あいこん
      にほんブログ村
      にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ
      にほんブログ村

      犬猫レスキューセンター

      0
        ロンドン南部、バタシーパークの近郊にあるBattersea Dogs & Cats Homeに行ってきた。存在もずっと前から知っていたけれど、一般公開されてるとは今日まで知らなかった。カフェやお店もあるという。
        今トイプードルを探しているので、サイトを見る限りいないとは知っていたけれど足を運んでみました。一体どういう所なんだろう。ボランティアしたいなとも思う事もあったけれど、ロンドン北部在の私には距離的にも時間的にも無理なのよね。

        私達はヴィクトリアの駅からバス44番で約20分のところにあるバタシーパークのバス停で下車。そこから徒歩4分程いったところ。
        セキュリティーはかなりしっかりしている模様。入場料は大人で2ポンド。
        大きな施設でした。猫専用と犬専用の建物に分かれている。
        私達は先ず、犬の方に出向いた。広い、奇麗というのが第一印象。とても清潔な場所でした。犬の臭いはするものの自然臭であり、汚いからという理由で臭う訳では全くない。至る所に人間用の消毒液が置いてあった。そして犬に触らないで下さいの張り紙。そう、犬から犬に病原菌を撒いちゃいけないものね。
        1頭1頭ケネルに入っている。決して広くはないけれど狭くない。とても奇麗で、餌入れやベッドは勿論玩具も転がっていた。
        犬達の表情は、やっぱりどこか寂しげ。そんな姿を見ているとこちらは悲しくなってくる。不覚にもウルウルしちゃいます。ナニが寂しげってやっぱり目つき。目がね語っている。勿論奇麗に大切にお世話してもらっているから非の打ち所がないような外見。
        休日の月曜日の午後3時ごろにいたのですが、結構ビジターが多く混んでいた。多分殆どが犬を探している感じ。お気に入りの犬のケネル前に座り込んで犬と会話している姿をポツポツ見かける。大人だったり子供だったり。またその姿に私はウルウル。。。
        各ケネルにはラベンダーのドライフラワーが詰まった袋がぶら下がっていた。パネルには犬の名前、種類、年齢、性格などが事細かに書かれていて、何頭かは「予約済み」「里親決定」マークもある。良かったね。
        日本犬の秋田犬(1歳)もいて里親決定マークがついていた。
        レスキューセンターから動物を迎えるのには、とても厳しい条件に合格しなくてはなりません。条件合格のみでなく、センターの人とのインタビュー、そして家も調べにやって来ます。それに合格して初めて里子に迎えられる。
        その日も2件丁度里子に出た所に遭遇した。グレイハウンドともう一種類犬種は分からないけど。。。

        ところで犬の数よりボランティア数が多いのに驚いた。犬1頭につき一人。。以上にいる!丁度お散歩の時間だったのか、スタッフがリードをつけてお散歩。ビジターには嬉しそうに反応しないワンコもスタッフにはやはり嬉しそうな態度で出迎えている。恐らくその犬に興味があるであろうビジターさんがついて散歩しているであろう姿も見た。

        何らかの理由で飼い主を失ったワンコ達。目が寂しげ。数多くのビジターをきっと毎日目にして。自分と波長の合う人と、自分に興味を持ってくれる人にクンクンしたり。。。 緊張気味にキャンキャン吠えるチワワの姿も。まるで関心を示さず床に寝転んでいるポメラニアン。新しい飼い主さんとの出会い、、、いろんな意味でほんとに心に触れるものがある。

        私、人間には結構心冷たい部分というか、無感情な部分があって自分は異常なんだろうか?と思う事もあるけれど、動物に反応している自分の心を見つけると、「あ、私にも感情ってあるんだ」と安心する。
        私達が探している犬種はいなかったけれど、もしいたら是非。。。
        ブログ村あいこん
        にほんブログ村
        にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ
        にほんブログ村

        夏とウサギ

        0
          その昔、とある南国でウサギを育てていた。
          名前は「ラビ」。茶色と白が混ざったミニウサギで本帰国するお友達から譲り受けました。

          この南国は常夏。赤道直下の国であります。
          別にクーラーを1日中かけていた訳でもないのですが、人間も動物も熱中症などいう言葉はなかった。
          ウサギさんは北側の吹き抜けになった小部屋に住んでおりました。
          所謂召使いさんがそこに洗濯物を干したりする場所で、洗濯機がおいてあった。屋根はあって窓が金網状態だからガラスが無くて常に風通しが良い。また台所の直ぐ目の前なので、お料理中の母に野菜をもらったりしていた。床はタイルでヒンヤリしていのと、水道があるのでお掃除が超楽でした。という奇妙な環境がウサギ飼育の場所でした。ただ扉がないのでウサギさん用に父が赤ちゃん用の扉をつけてくれました。
          人恋しくなるとその扉を飛び越えて家中を走り回っていましたね〜。
          今思うと、奇妙な飼育環境でした。

          現在ロンドン。クーラーや扇風機はありません。なので気温が25度以上になると厳しいものがあります。場合によっては30度。室内は30度以上。風通りの良い窓でもないので人も辛い。
          そんな時の対処法は、こげちゃを水に濡らす。
          これで暫くこげはルンルンです。
          お庭に出ている時も、暑い日は水シャワーを浴びて走り回っています。
          黒いモルモットのノアなんてたまらないね。

          そんな訳で、南国では冷たいタイル床、北半球のお天気悪い国でエアコンも扇風機もない国では水で暑い暑い夏日を乗り切っているのでした。

          日本の皆様、熱中症にお気をつけ下さい。

          ちなみに、こちらでは地下鉄やバスで熱中症になりそうです。
          バスなんて窓が開かないからグリーンハウス状態ですよ!!!
          外の方が断然涼しいです。
          あれは酷い。ほんと酷い。
          ブログ村あいこん
          にほんブログ村
          にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ
          にほんブログ村

          RSPCAのハッピーバニー特集

          0

            イギリスの動物愛護団体が現在ウサギをテーマにキャンペーンしている。
            今月18日まで「我が家のハッピーバニー」ビデオクリップを投稿出来るんです。

            うちのこげちゃも是非是非参加と思ったけれど。。。
            部屋の中では嬉しさの余り横っ飛びとか三角飛びとか色々披露してくれるけれど、部屋では撮影出来ないなぁ。。。庭がベストだけれど庭ではモルモット達と放牧されるか、こげちゃ一人。。。そして別にこれといってハッピー行動を見ないしな。。。
            精々トンネルを入れたらトンネルで遊ぶぐらい。
            上のビデオクリップを見るとハッピー度が高い。
            こげちゃにはウサギの友達が必要だぁ。でもウサギは増やせないよ。
            掘り掘り出来る様に土を入れてみたけれど、今イチの反応だったしな。
            こげちゃのハッピーバニーエントリーは厳しそうだ。
            もっと環境を考えてあげないとなぁ。。。
            ブログ村あいこん
            にほんブログ村
            にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ
            にほんブログ村

            来た〜〜〜!!!さらば球毛症!?なるか

            0
              これぞイギリスで手に入る気休めおやつ。

              一体何処まで効くのかは不明だけれど、とにかく球毛症用のおやつ。
              これだと毛玉を取り除くには1日に4つも与えるんです。それを3日続ける。
              球毛症の予防としては3〜4日ごとに2個与えるとな。
              今回の場合は1日4つ。でも内容は余り健康に良さそうな物は入っていないのねぇ。
              ま、効く事を祈ります。
              何気にこのイギリスでこれ以外の球毛用もお手軽市販品ってみないんですよ・・・。
              ビタミンとかのおやつはあったりするけれど、何故か球毛のがお手軽に入手できない。
              これの他にご存知の方いたら教えてください!

              ま、3袋も購入してしまったので換毛期の度に使おうと思う。
              開封したら1ヶ月で使い切らないといけないらしい・・・・。
              ブログ村あいこん
              にほんブログ村
              にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ
              にほんブログ村

              | 1/6PAGES | >>

              PR

              calendar

              S M T W T F S
                    1
              2345678
              9101112131415
              16171819202122
              23242526272829
              3031     
              << July 2017 >>

              いらっしゃいませ♪

              アクセスカウンター

              我が家のペット情報

              *script by KT*
              *script by KT*
              ティガは6歳半でお☆
              ロゼも6歳手前でお☆
              ノア 4歳8ヶ月でお☆

              黒猫に参加中です

              ドワーフに参加中

              selected entries

              categories

              archives

              recent comment

              links

              profile

              search this site.

              others

              mobile

              qrcode

              powered

              無料ブログ作成サービス JUGEM